住宅ローン金利動向

住宅ローン金利の推移と動向はどうやって調べる?

実質

住宅ローン選びで頭を悩ませる方が多いのは当然のことで。

 

非常に長期間にわたって、大きなお金を借りて返済していく、それがうまくいくか行かないかで大きく人生を左右しかねないものだけにその選び方も慎重になります。

 

ゼロ金利政策が続いている現在、住宅ローンの金利水準は非常に低いまま推移しています

 

そのため、変動金利の住宅ローンの人気が高く、多くの方が変動金利タイプを選んでいるという現状もあります。

 

しかし、一方でこの先の景気がどうなるのか、そして住宅ローン金利がどう推移していくかということを判断するのは非常に難しく。変動金利の場合にはリスクが常に存在しているとも言えます。

 

また、金利の動向を見てみると、多くの方が変動金利を選んでいることから、長期固定金利タイプであるフラット35はそれに対抗するという意味で、金利水準が下がっています。

 

また、さらにフラット35Sの金利の引き下げなどの対抗策も練られているため、変動金利と比較して安定している固定金利でも、依然と比較すると非常に低い水準の金利で住宅ローンを借りられるようになっているのです。

 

そういった様々な状況を考慮に入れて、しっかりと住宅ローン選びで損しないための情報をこの項ではお伝えしていきます。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2018年12月版!

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


住宅ローン金利推移と動向を調査!失敗しない銀行選び!【おすすめは?】記事一覧

「住宅ローン」には種類がたくさんあります。その中には借り手にとって有利なもの、そして反対に不利になるものがあるのです。そんな中で、まず何よりも一番に考えなければいけないことは、少しでも有利にローンを組むためにどの住宅ローンを選べば良いのかということです。住宅ローンとは年収の数倍にもなる大きな金額を借入れ、数十年にわたって返済し続けていかなければならないものであり、その途中で返済できなくなるようなこ...

大きな金額を借り入れ、数年から数十年という長い時間をかけて返済し続ける住宅ローン。より金利の低い住宅ローンで借り入れをして、返済総額をできるだけ低く抑えたい!というのが、わたしたちユーザーの本音です。でも、やっとのことで住宅ローンを組んでマイホームを手に入れても、きちんきちんと返済し続けることができなければ、せっかく手に入れたマイホームを手放さざるを得ないような結果になってしまいかねません。こんな...

住宅ローンを選ぶ際に、多くの方が最も気にするポイントは金利だと言われています。一生に一度の大きな買い物と言われるマイホームの購入。多額のローンを組んで長い間返済していくものだけに、できるだけ金利の低いものを選んで返済総額を低く抑えたいところですよね。そのため、借り入れることができる住宅ローンの中でもより低金利なものを、とたくさんある住宅ローンの金利を一生懸命比較しているという方も多いのではないでし...

住宅ローンを借り入れてマイホームを手にしようと考えている方の多くが、借り入れを検討すると言われているフラット35。テレビCMなどでもよく目にするこのフラット35とは、普通の民間住宅ローンとはどう違い、金利面でもどの程度の差があるものなのでしょうか。フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して利用者に提供している長期固定金利住宅ローンのことです。このフラット35には、35年間の長期固定...

住宅ローンの借り入れを検討するとき、あなたが一番気にするポイントは何ですか?やはり金利!という方が多いのではないでしょうか。そこで、住宅ローン金利比較でおすすめの銀行をいくつかご紹介いたしましょう。金利面から見ておすすめできるのは、ネット銀行と呼ばれている銀行です。住信SBIネット銀行や新生銀行、ソニー銀行などのネット系銀行は、長期固定金利・変動金利のどちらにおいても、大手の都市銀行などと比較する...

そのときどきの経済情勢や景気などによって、大きく左右される住宅ローン金利。現在は低金利市場と言われており、住宅ローンはもちろんのこと、さまざまな金利が低いまま推移する状態が続いています。そんな中でも、住宅ローンでお金を借りてマイホームなどを購入する方にとっては、ほんの0.1%の違いでも「金利が高い!」と感じるものなのでしょうね。いつ、どのタイミングで、どんな住宅ローンを借りればよいのか判断するのは...