フラット35金利推移

フラット35の金利のポイントは?

選び方

住宅ローンを借り入れてマイホームを手にしようと考えている方の多くが、借り入れを検討すると言われているフラット35。

 

テレビCMなどでもよく目にするこのフラット35とは、普通の民間住宅ローンとはどう違い、金利面でもどの程度の差があるものなのでしょうか。

 

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して利用者に提供している長期固定金利住宅ローンのことです。

 

このフラット35には、35年間の長期固定金利であるために、借り入れ時に返済終了時までの金利と返済額が確定すること、

 

保証料や繰り上げ返済手数料がかからないこと、返済中も安心できるサポート体制が整っているなどのメリットがあり、多くの方がその利用を検討しています。

 

またフラット35の金利は、借り入れ期間や借り入れる金融機関などによって差があるものの、仮に借り入れ金額を2,000万円と仮定した場合、2018年10月現在おおむね年2%前後という設定になっています。

 

一方、民間の住宅ローンで同じように35年長期固定金利で2,000万円を借り入れる場合は、年3%を大きく超えるような金利が設定されている金融機関が多くあります。

 

数字上はほんの数%の違いであっても、大きな金額を借り入れる住宅ローンの場合は、その少しの違いが返済総額を大きく変えてしまうことにつながります。

 

当然のことながら、フラット35と民間住宅ローンでは、取り扱う金融機関によっては手数料などの諸費用が大きく異なります。

 

金利面は当然のことですが、住宅ローンを選ぶ際にはこうした諸費用などにも気をつける必要があります。

 

<フラット35金利推移のグラフ>
金利の推移

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2018年10月版!

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み