低金利住宅ローンランキング

低金利の住宅ローンの重要性とは?

会議

低金利の住宅ローンの重要性を考えるために、まずは住宅ローンシミュレーションで実際の金額について比較してみましょう。

 

手数料や団信生命保険料などの手数料は考えず、金利だけのシミュレーションとします。

 

フラット35で3000万円を返済期間35年の固定金利で借りる場合

 

2018年10月の楽天銀行の金利1.650%では毎月の返済額が97,085円 総返済額は40,775,428円となりました。

 

同じ条件でみずほ銀行や三菱UFJ銀行が設定している金利2.070%の場合 毎月の返済額が100,459円 総返済額が42,193,054円

 

というシミュレーション結果が出ました。

 

同じ月に、同じフラット35で、同じ3000万円を借りたとしても金融機関の金利差だけ、しかもその金利差は0.22%に過ぎませんが結果的にはこれだけの差が出てしまうのですから金利に敏感になっておくことの重要性はわかっていただけるでしょう。

 

もちろん住宅ローンを比較検討する場合には金利だけを見ればいいというわけではありません。手数料や諸費用も考慮にいれる必要がありますが金利が重要な指標となっていることは間違いありません。

 

ここではひと目で金利の低い住宅ローン会社がわかるように35年固定金利のローン金利に絞って金利の低い順にランキングでご紹介します。

 

※ 金利が同率の場合は手数料の安いものを上位に表示しています。

低金利住宅ローンランキング 【2018年10月版】

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み