住宅ローン実質金利

住宅ローンは実質金利で比較する!

実質

マイホームを購入する際に、多くの方が利用することになる住宅ローン。

 

この住宅ローンを選ぶときに重視するポイントとして、ほとんどの人が「金利」を挙げています。

 

しかし、住宅ローンを扱う多くの金融機関では、この金利の表記を表面金利のみとしているということを、あなたはご存じだったでしょうか。

 

住宅ローンの金利を比較する際には、金利以外にもいろいろとかかってくるコストを組み込んだ、実質金利を計算したうえで比較しなければならないものなのです。

 

住宅ローンの実質金利とは、表記されている表面金利に手数料や保証料、団体生命保険料などを加味した実質コストのことです。

 

たとえば、A銀行という銀行で借入金額3,000万円×30年という住宅ローンが、金利2.75%と表記されていたとします。これで「あ、割と低いな・・・」と受け取ってしまってはいけません。

 

コスト面をチェックしてみると、手数料は無料で団体生命保険料は込みだけど、手数料が年率0.2%相当の63万円必要になっている場合、この手数料を組み込むと実質的な金利は2.95%となります。

 

この例に挙げたA銀行の場合は手数料がかかりませんが、手数料が必要になる場合はさらに実質的な金利は上乗せになってくることになるのです。

 

こうしてきちんと実質コストを組み込んだ実質金利を計算してみると、表面金利のみで比較して住宅ローンを選ぶのは危険なことだということがお分かりになるかと思います。

 

フラット35は比較的金利が低めというイメージがありますが、団体生命保険料や手数料が「外枠」計算になっているため、実質金利はそう低くない場合もあり得ます。

 

住宅ローンを比較する際には、きっちり実質金利を計算したうえで金利の低いものを比較して選ぶようにしなければなりません。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2018年10月版!

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み