変動金利住宅ローン

変動金利の住宅ローンのメリットとデメリット

固定

そのときどきの経済情勢を反映し、短期プライムレートに連動して年に2回ほど金利が見直される変動タイプの住宅ローン。

 

この変動タイプの住宅ローンは最も一般的な住宅ローンの種類の一つで、現在も多くの方が利用されています。

 

その特徴やメリットは、何といっても長期固定金利の住宅ローンよりも低い金利で借りることができ、当初の毎月の返済額が少なく済むということです。

 

今後、金利が今よりもさらに下がると予想されるときには有利になりそうな変動タイプの住宅ローンですが、反面、金利が上昇する局面になると利息が急速に増加し、返済額が増えるというデメリットもあります。

 

このような特徴のある変動タイプの住宅ローンは、多くの金融機関で扱われています。

 

同じ変動タイプの住宅ローンであっても、その金利は扱う金融機関によって差があるもの。

 

同じ変動タイプの住宅ローンを借りるのであれば、できるだけ金利の低いものを借り入れて、返済総額を少しでも抑えたいものですよね。

 

それなら!各金融機関が扱う変動金利タイプの住宅ローンの金利をしっかりと比較しましょう。でも、多くの金融機関で扱われている変動タイプの金利をすべて調べて比較するのは、とても大変なことですよね。

 

そんなときにとても便利なのが、各金融機関の変動タイプ住宅ローンの金利を一覧にして比較してくれているサイトです。

 

こうしたサイトを利用すれば、いちいち個々の金利を調べなくても一目で比較ができるのでとても便利です。

 

基本的に変動型金利の場合、年に2回は金利の見直しが行われますので、こうしたサイトを賢く利用すれば、より条件のよい住宅ローンが見つかるかもしれません。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2018年12月版!

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み